暮らしの雑学辞典

暮らしや生活のいろいろな情報をお届けします。ライフスタイルにご活用ください♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モッコウバラの人気

原産地である中国からモッコウバラが日本にやって来たのは江戸時代。それ以来、平成の今になっても、モッコウバラは多くの日本人に愛されています。とげがなく、花の色によって香りが変わるというミステリアスなバラ。八重咲きやしだれというのも日本人受けするポイントではないでしょうか。

1991年10月23日。秋篠宮眞子様のご生誕です。モッコウバラは眞子様のお印と定められました。お印とは、日本の皇族が用いる徽章。身の回りの品などに用いられる、トレードマークのようなものです。お印はご生誕から7日後の命名の儀で、名前とともに発表されます。

眞子様のモッコウバラだけではなく、日本の皇族にはみなお印が定められています。例えば、皇后陛下は白樺、皇太子殿下は梓、皇太子妃殿下はハマナス、などなど。気づきましたか?そう、雅子様にもお印はあるのです。雅子様の場合はご成婚の儀とともに、お印が発表されました。

病気や害虫に強く、育てやすいのもモッコウバラの人気の秘密。大して手をかけなくとも、驚くほどに成長します。白や黄色の小さな花がーチやフェンスを覆い尽くす姿は他のバラとは違った美しさがあり、圧巻の一言。モッコウバラにとげがないのは、真の強さの表れなのかもしれません。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。