暮らしの雑学辞典

暮らしや生活のいろいろな情報をお届けします。ライフスタイルにご活用ください♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生前贈与の有効性

生前贈与とは、被相続人が死亡する前に、自分の財産を人に分け与える行為です。個人の財産は、各個人の意思により自由に処分できるのが原則です。また生前贈与は、将来負担すべき相続税を抑えるとい目的のために利用されます。

ところで、生前贈与が有効になるには、当然確認すべきことがあります。1つ目が、贈与税と相続税の節税額の分岐点を確認しておくこと。2つ目は、遺産分割のトラブルとならないように注意すること。3つ目は、贈与契約書を作成し公証人役場で確定日付を取っておくこと。そして、4つ目が、相続開始前3年以内の相続人に対する贈与は相続財産として加算されることを確認することです。

生前贈与を活用した節税対策として、配偶者控除を利用する方法があります。条件は、婚姻期間20年以上の配偶者からの贈与であること、および、居住用不動産または、居住用不動産を取得するための金銭の贈与であることです。控除額は、2000万円(基礎控除含め2110万円)です。

一般のサラリーマン家庭においては、生前贈与が相続税対策に役立つかどうかは定かではありません。というのも、相続税には税金のかからない基礎控除や、配偶者税額軽減などの優遇措置があるからです。相続税対策として生前贈与を活用するには、被相続人の資産状況の把握が必要です。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。