暮らしの雑学辞典

暮らしや生活のいろいろな情報をお届けします。ライフスタイルにご活用ください♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血管内治療とは

血管内治療とは、動脈や静脈の血管内に直径1~2mmのカテーテルという細いチューブ状の管を挿入して血管の内側から病気を治療する方法です。カテーテルは、主に太ももの付け根の血管や肘の内側の血管、手首の血管から挿入して行いますが、局所麻酔を行いますので痛みはほとんどありません。

血管内治療のメリットは、「局所麻酔で治療が可能なので、全身麻酔が困難な高齢者などにも治療が可能」「治療を受ける人の身体的負担が軽い」「入院期間が比較的短期間ですむ」などです。一方、デメリットは、「病態によっては目的血管までカテーテルが届かず、治療が不可能であることもある」「長時間かかる治療の場合は、放射線被爆の問題から、皮膚の炎症や脱毛を引き起こす」「カテーテル操作中に脳梗塞や脳出血を来すことがあり、生命が危険となることがある」「比較的新しい治療法のため長期的な成績が不明である」などです。

血管内治療の具体的な方法を見てみましょう。くも膜下出血の原因となる「脳動脈瘤」の治療は、血管の中から特殊な金属(コイル)を送り込んで、こぶに詰めて破れないように治療します。心筋に栄養を供給する血管がつまる「心筋梗塞」の治療は、先端に風船や金属の筒(ステント)を装着した特殊なカテーテルを閉塞した血管まで通して血管を拡げる治療を行います。

「がん・腫瘍」の血管内治療は、ガンが出来たところ、あるいはガンの転移巣近くの細い血管の中にカテーテルを送り込み、カテーテルの先から抗ガン剤や血管を詰める物質を注入してガンを縮小あるいは消失させる方法です。エコノミークラス症候群の原因となる「静脈閉塞性疾患」の血管内治療は、血栓で閉塞した静脈内にカテーテルを入れ、閉塞したところを薬で直接溶かしてから金属の筒(ステント)を入れ、血管を拡げて治療します。


続木和子 口臭改善 | 李昇昊 高血圧改善 | 金井英之 あがり症克服 | 健康リンク集
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。