暮らしの雑学辞典

暮らしや生活のいろいろな情報をお届けします。ライフスタイルにご活用ください♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットの火葬炉の種類

ペットが家族の一員であると考える人が多くなった現代、ペットの葬儀も重要視する人も増えてきました。それにつれて、ペット専用の火葬炉もさまざまなものが開発、製造されています。最近では、人間のものと同様、環境問題に配慮した製品も多くみかけます。

ペット専用の火葬炉の種類は、小型、中型、大型、と区別することが多くなっているようですが、それぞれのペットセレモニーによって設備されている型は違うようです。ペットセレモニーの中では、移動式の火葬炉があるペットセレモニーもあるようなので確認するとよいでしょう。

通常のペットセレモニー、ペット霊園ではペット専用の火葬炉が完備されているところがほとんどですが。場所によって、納骨までできるところ、慰霊碑を設置できるところ、墓地まであるところなどその種類はさまざまなようです。利用する場合は事前に確認することをおすすめします。

ペットを家族同様に考える人はこれからさらに多くなっていくでしょう。それにつれ、ペットの葬儀も今後もいっそう多くなることは明らかです。ペット霊園、ペットセレモニーの火葬炉の設備や慰霊碑、墓地などの設備もさらにさまざまなものが登場していくと思われます。

ペットの火葬 ペットロス ペット保険 犬のしつけ

スポンサーサイト

ゴールデンレトリーバーの特徴

ゴールデンレトリーバーと言えば、やわらかく流れるような黄金色に輝く毛並みが魅力ですが、性格が従順でやさしく、知能が高くてしつけがしやすいことから、室内で飼える大型犬としての人気が高まっています。身体もがっしりしていて丈夫であるため、子供や高齢者がいる家庭でも容易に飼えることも魅力となっているようです。

この犬種の特徴は介助犬や盲導犬になることが他の犬種に比べて多いことからもわかるとおり、飼い主に対して忠実で物覚えが良く、判断力が優れていると言うことです。もともと狩猟犬として繁殖が繰り返されてきたゴールデンレトリーバー。現在ではその名前を知らない人は少ないと思いますが、意外とその歴史は謎に包まれている部分が多い不思議な犬種でもあります。

飼い方については特に注意することが少ないほど飼いやすい犬種ですが、基本的なしつけや服従訓練は必要ですし、適度な運動は欠かすことができません。どんなに優れた潜在能力を持っていても、それを引き出してやることができなければ、ゴールデンレトリーバーが本来持っている魅力を楽しむことができなくなってしまいます。また、運動量が十分でないと健康面で問題が発生することもありますので、要注意です。

大型犬の魅力は飼ってみないとわからないかもしれませんが、もし少しでも興味があるのなら選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょう。特にゴールデンレトリーバーは飼い主の期待を裏切らない犬種です。外で飼うもよし、室内で飼うもよし、きっと素敵なパートナーとして飼い主を満足させてくれると思いますよ。

モッコウバラの人気

原産地である中国からモッコウバラが日本にやって来たのは江戸時代。それ以来、平成の今になっても、モッコウバラは多くの日本人に愛されています。とげがなく、花の色によって香りが変わるというミステリアスなバラ。八重咲きやしだれというのも日本人受けするポイントではないでしょうか。

1991年10月23日。秋篠宮眞子様のご生誕です。モッコウバラは眞子様のお印と定められました。お印とは、日本の皇族が用いる徽章。身の回りの品などに用いられる、トレードマークのようなものです。お印はご生誕から7日後の命名の儀で、名前とともに発表されます。

眞子様のモッコウバラだけではなく、日本の皇族にはみなお印が定められています。例えば、皇后陛下は白樺、皇太子殿下は梓、皇太子妃殿下はハマナス、などなど。気づきましたか?そう、雅子様にもお印はあるのです。雅子様の場合はご成婚の儀とともに、お印が発表されました。

病気や害虫に強く、育てやすいのもモッコウバラの人気の秘密。大して手をかけなくとも、驚くほどに成長します。白や黄色の小さな花がーチやフェンスを覆い尽くす姿は他のバラとは違った美しさがあり、圧巻の一言。モッコウバラにとげがないのは、真の強さの表れなのかもしれません。

ガーデニングの動機・目的は

ガーデニングの動機・目的は?花が好き、自然が好き、生き物が好き、育てるのが好き、理由はそれぞれでしょう。個人で始める事は、他人に強制されてやるのではなく、自分がやりたいという心に動かされてやるんですね。楽しくなりたいから。元気になりたいから。さあ、始めましょう。

このガーデニングに利用できる空間は?そんな空間どこにもないという人もりるでしょう。無理だよと諦めずに探してみましょう。例えば貸し農園という手もあります。それが無理なら、ポリバケツガーデンで始めるというのもいいでしょう。。実際に、ポリバケツで稲を育てる講座もあるんですよ。

ガーデニングの理想形がなかなか思いつかなくて行動に移せないなら、悩まないで身体を動かしてみましょう。町を散歩しましょう。今なら、ガーデニングをしている家も多いし、お店も多いです。そうして実際の姿を見て回って、自分に出来そうなものから始めれば良いんですよ。理想のガーデニングの始まりです。

ガーデニングに似合う花を考えてみると、花や植物ってほんとに多いし、素敵なものが多いことに驚かされて迷ってしまいます。強烈な原色を示す花や、淡い味わいの花、目を楽しませ安らぎを与えてくれる緑の葉っぱ、どれもどれも大切な植物です。どれが似合うとかではなく、生きて、成長して、こちらの気持ちにこたえてくれるガーデニングを楽しむのが一番かもしれませんね。

ボストンテリア

ボストンテリアのイメージをすぐに思い浮かべることができる人は少ないのではないでしょうか。テリアと名前がつきながら、フレンチブルドッグに似た愛くるしい顔つきをしています。名前が示すとおりアメリカ原産の犬種で、そのルーツは1970年代にイングリッシュテリアとブルドッグを掛け合わせたホッパーズ・ジャッジであると言われています。その後フレンチブルドッグなどの小型犬との交配を繰り返し、現在の愛嬌ある小型犬になったわけです。

ボストンテリアに一目惚れする人も多いようですが、その魅力は大きな瞳と短い鼻を持つ愛くるしい顔と、短く手触りの良い艶のある被毛にあるのではないでしょうか。まるで小さな子供がタキシードを着込んでいるようで、歩く姿はほほえましいものがあります。特にボストンテリアの子犬に見つめられと、飼いたいという衝動に駆られるのも仕方がないような気がしますね。非常に飼いやすい室内犬として人気が出てきているのもうなずけます。

ボストンテリアを飼う上で気をつけておきたいポイントは、暑さに弱いことと、目が大きいために目を傷つけたり、目の病気にかかりやすいということです。特に猛暑のときにはしっかりとした暑さ対策をしてあげる必要があるでしょう。しかし、それ以外は非常に飼いやすい犬種です。室内飼いに適した小型犬ですが、身体は比較的がっしりとしており、子供がいる家庭でも安心して飼うことができる犬種です。

このように人気も高まり、飼う人も今後増えてくると思われるボストンテリアですが、残念ながら大型のペットショップは別として、地方のペットショップ店ではあまり見かけることが少ないようです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。